2013年10月14日 (月)

艦これ

先日、ネットを徘徊していたらついうっかり提督に着任してしまったので、
艦これを始めています。

今更ですけど、これ、面白いですね。
面白いので出先でも出来るといいなー、と言うことで、
東芝のタブで出来るようにしてみました。

最初は「艦これくと」を使って遊んでみたのですが、
とにかく遅いのと、出撃の際にタップが誤反応して出撃できないという
致命的な問題が発生してしまったのでこれは却下で。

次善の策として、リモートデスクトップを仕立てて、
それで遊んでみることにしました。

自宅の母艦にはテストマシンとして使っているi7-3770K機を。
Splashtopと言うアプリを使ってリモートデスクトップ出来るようにして、
出先からでも艦これ出来るようにしました。
その環境で艦これをプレイしたのが次の動画。

母艦が速いので画面転送だけ追いつけば動画にあるような
スピードで動くのがポイントです。
LTEでの接続なら問題ないけど3Gだとちょっと厳しいかな。
母艦はリモートで電源ON出来るように仕込んであるので、
立ち上げ時に若干手間がかかりますが母艦を常時立ち上げておく
必要が無いところがいいポイントかも。

と言うことで、外出時にもやってみたい程度には
はまっているのであります。

2013年8月12日 (月)

F-06E 雑感

購入から一週間ほど経ちました。
最新機種はレスポンスが早くていいですね。

まず画面ですがFullHDの表示は綺麗です。
HTC J butterflyと比べても遜色ありません。
H.264でFHDな動画を再生させても引っかかるところは無く、
メディアプレーヤーとしてはなかなかいい出来です。

フルセグTVも綺麗です。
自室だと立った状態でないと電波を掴まないので、
もう少し電波の強いところで色々試してみたいです。
ワンセグの感度は手持ちの富士通のガラケーと同じくらいでした。

購入目的であるモバイルWi-Fiルーターとしての利用には申し分ありません。

spモード経由でのデータ受信状況ですが、
昼間にスピードテストをかけてみたところ
自室で下り約39Mbpsを記録しています。

日を変えて2度ほどテストした平均なので、
多分、自室で受信できるLTEの基地局が下り75Mbps対応に
調整されているからだと思うのですが、
これなら利用に不満はありません。

まあ家が住宅街にあるので、人の往来が激しいターミナル駅なんかでは
そんなレスポンス出ないんでしょうけど。

全般的に満足度は高いスマホなのですが、
若干微妙な動きをする部分もあります。

他のカメラで使っているSDカードをUSBストレージモードで
接続したところSDカードのデータ自体は読み込めるのですが、
そのモードでSDカードにアクセスした直後、
本体にインストールしてあるアプリの内、
本体に入れてあるmicroSDにアクセスする可能性のあるアプリで
動作不良が発生するようで、
いきなりエラーが連発してアプリを再インストールする羽目に
なったものがいくつかあります。

USBストレージモードで接続したSDはきちんとアンマウントしてから
外したのですが、その辺はもしかしたら何かあるようです。

そんなわけで若干の不具合らしき問題はありますが、
基本的には満足しています。
以前出した機種の悪評が無ければもう少し売れているのでは
無いかなとか思うのですが、
まあ、その辺は富士通さんに頑張ってもらうしか無いでしょう。

2013年8月 7日 (水)

F-06E

ドコモのARROWS NX(F-06E)を買いました。
この夏のドコモの全部入りモデル。

富士通というのが引っかかる人も多いですが(当然ですね)、
このモデルに関しては発売以後これと言った悪評も
立っていないようなので購入に踏み切りました。

イーモバからのMNPで購入したので本体実質0円。
後の負担を考えてMNP一括0円の機種を狙いたかったのですが、
あまりいい案件が無かったのと、
どうせ買うなら最新機種と決めていたので実質0円で手を打ちました。
キャッシュバックも2万円ほど付いてますしね。

こいつのメインの利用目的はモバイルWi-Fiルーター。
今までイーモバスマホでやっていたことを移行する目的です。
何とも豪華なWi-Fiルーターですが。
なのでプラスXi割適用目的でもうデータ回線化してます。

維持費だけを考えるとイーモバのSTREAM Xでも買った方が安いのですが、
その昔、JR小海線に乗っていて野辺山駅でSNSに投稿したかったのに
通信できなかったトラウマがドコモに走らせてしまいましたw
STREAM Xは今はソフバンの回線を使えるのでそんなことも無いのですが、
まあ、ソフバンよりはドコモだと思っている人なので・・・。

そんなわけで新しいスマホゲットなのでした。

2013年8月 6日 (火)

イーモバの契約を弄った

8月になってイーモバの契約が更新月を迎えたので、
色々契約を弄りました。

先月まで契約していたのは3回線。
スマホ1台とキャンペーンでもらった無料回線2回線。

スマホは通話で使っているので、スマートプランライトの
ベーシック+にねん特割にして月283円ケータイ化。
無料の2回線のうち1回線は解約、もう1回線はドコモにMNPしました。

無料回線は結局本体を1円で買って以後1円も払ってないので、
MNP弾としては考えられる限りほぼ最安値での弾となりました。
ドコモの最新スマホを美味しく頂けたことに感謝しますw

もう1回線の枠を使って小遣い稼ぎをしても良かったのですが、
あまりいい案件も無かったし色々面倒なのですっぱり解約してしまいました。
まあ解約も結局0円なので良しとしましょう。

余った端末(H11T)は283円ケータイ化した回線で使う予定です。
まさかのガラケー回帰ですがw

あぁ、余った端末が2台あるから好きなときにイーモバ弾を2発仕込めるな(ぇ
そんなわけでイーモバとは薄~くこれからも付き合う予定です。

2013年6月29日 (土)

月3円運用→月0円運用

auさんから自分の持っているHTC J butterflyの契約に対して、
「LTE通信でトラブったから請求から735円差し引くよ」の
DMが届きました。
蝶を契約したのが先月17日で
LTE NETの契約は21日に解約しているのですが、
通話トラブルがあったのが29日なのでそれに対する補償なのでしょう。

自分の蝶は現在月3円運用になっているのですが、
どうやらこれが来月からは課金無し運用になりそうなのです。

auからのDMには「7月の請求分から差し引きます」とあったので
「7月の請求が735円以内で収まっている場合、
引き切れなかったあまりはどうなるのか」と
客センに問い合わせたところ「8月以降の請求からも差し引く」と
返事があったので、
この論法で行くと今の契約で2年縛りのある間
(=ウエルカム割が適用になっている間)は
蝶から通話発信しない限り
もうauからの請求は来ないのでは無いかと推測しています。

auで月3円運用は良く聞くのですが月0円(請求無し)運用は
なかなか難しいのでそれはそれで面白そうだなぁ、と。

そんなわけでひょんなところからタダケータイゲットと
なってしまったのでした(^^;

2013年6月12日 (水)

AVT-C281Jを弄る

去年の年末に買ったAVT-C281J。
ファームアップは一度やりましたがほとんど放置状態。
時間が取れたときにちょっと弄ってみたので、
その結果でも書いておきます。

基本的には
http://bagi-chan.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/avt-c281j.html
で書いた内容の追試。

全般的にこの機械が吐くMP4ファイルはちょっとクセがあるようで。

以前動画編集ソフトに読み込ませたときに静止画でブレが出る
と書いていたのは、ソフトがMP4ファイルを認識する際に
フレームレートを「59.941fps」と認識していたのが原因。
箱○の720p出力なので59.94fpsが正解なんだけど、
なぜか0.001fps分認識が狂っていた。 原因不明。
これはソフト側の認識を手動で59.94fpsに修正してあげたら
問題なくなった。 良かった良かった。

一部の人が訴えているコマ落ちは当方では再現せず。
これはHDDを内蔵してそこに録画しているのが功を奏しているらしい。

Yahoo!知恵袋辺りでこの機械のことを検索すると、
「編集時に動画の後ろの方で音ズレがひどい」と言う訴えが。
QAは締め切られているので回答は出来なかったが、
どうにも的外れな内容の回答がBAに。
こちらで使っている動画編集ソフトでは出ない現象なので、
気になったのでちょっと調べてみた。

結論を書くと、動画編集ソフトがAviUtlで
L-SMASH worksのプラグインを使ってこの機械のMP4ファイルを
読み込んでいると音ズレの現象が出るらしい、
と言うところまでは分かった。
1時間物で5秒程度ずれるのでこれは使い物にならんなーと。
読み込みのオプションを弄ってみたけど解消しなかった。

AviUtlでの読み込みにMP4 File ReaderやDirectshow imput辺りの
プラグインを使うと回避できるので、
AviUtlで弄りたいならとりあえずはそちらを推奨。

クセさえ分かってしまえば後は楽なので、
今後はこれを使ってキャプチャー出来そうです。
やっとMonsterX2の環境を解体できる・・・
そんなわけでまたちょっとだけ環境が良くなりました。

2013年6月 1日 (土)

IIJmio

IIJmioの945円のSIM、
今日から月500MBの増速クーポンがつくようになりました。

朝起きて早速OptimusLTE(L-01D)でベンチマーク。
下り8Mbps上り4Mbps位出て満足でした。
それを試したのは10:40頃で、11:05位に再度試してみると
下りが1.5Mbps位しか出ないでやんの。
皆さん11:00の呪縛にとらわれすぎているみたいです(笑
多分以前同プランの通信速度が128Kbps→200Kbpsに
増速したときの切り替えが11:00頃だったことに起因するんでしょうけど。

まあ、これで皆さんこれまで以上に使うようになると思うので
スピードは低め安定になるんでしょうけど、
この内容で月948円なら満足です。

現在契約中のイーモバが8月に更新月を迎えるので
その時に色々契約を見直す予定で、
多分その時にIIJmipは解約の方向で考えてますが、
それまでは今の環境を美味しく頂こうと思います。

2013年5月25日 (土)

HTL21 その後

1週間前に買ったHTL21、順調に動いてます。

今もPCの隣でFullHDの動画を再生させてますが、
画面の綺麗さは群を抜いてます。
20日に後継機を発表したとは言え、
いわゆる「ヌルサク」で動作に不満も無く、
正直言ってなぜauがこんな機種をMNP限定とは言え
一括0円で売れる状況を作ってしまったのかがよく分かりません。
こちらとしてはauの都合に関係無く商売のネタに乗っかるだけなのですが、
これじゃ既存契約者があまりにも・・・

さて、購入時に付けたオプションルはほぼ全部外しました。
転売目的で購入したわけでは無いので安心サポートプラスだけ
継続してますが、後はバッサリと。

よって来月から月402円ケータイの出来上がりです。
安心サポートは様子を見て2~3ヶ月で切るつもりなので、
そうすると最終目的である月3円ケータイの出来上がり。

以前契約していたIS01と同じ状況になります。
IS01は通話するにはちょっと・・・と言う作りでしたが、
今回は普通にスマホなので通話は問題なし。
またプランがLTEプランなのでau宛の通話が1~21時まで無料。
以前より条件が良いのです。

まあ、MNP弾があったから出来た技ですが、
本当にこれでいいのか的疑問は多分最後まで拭えません(^^;
ま、施策に乗っかったと言えばそれまでなので、
色々美味しく頂くことにします。
ごちそうさま。

2013年5月19日 (日)

HTL21

Htl21

auのHTL21(HTC J butterfly)買いました。

某所で「17日からHTL21、MNP一括0円」と聞こえてきたので、
去年1月に買って死蔵状態にあったプリモバイルの回線を
MNP弾として炸裂させてきました(^^)
持ってて良かったプリモバイル。

MNP一括0円の店を探すのは苦労するのかな?とか思ってましたが、
意外にも近所のauショップであっさりと。
CB無しOPてんこ盛りの条件でしたが、OPと言ってもauのメニューにある
ものばかりでいわゆる独自の有料・無料コンテンツは一切無し。
他所へ探しに行くにも電車代などかかるし、
CB付きの店は有料コンテンツn個と言われるところがほとんどだったので、
素直にそのauショップで手を打ちました。

センター側の処理に時間がかかっていたようで全部開通させるまでに
少し時間がかかりましたが、
カウンターに案内されてから実質1時間程度で無事HTL21が手元に。

機種の感想ですがやはりauの現行フラッグシップ、快適です。
去年の年末のbutterfly発売時に「FullHDいいなー」とか思っていて、
でもauだし本体高いしなんて思っていたら
意外に早く手元に来ることになりました。

今でも新規一括なら6万を超える本体がMNPだからって0円でいいのかという
疑問はあるのですが、まあ、携帯会社間の競争には上手く乗っておきましょう
と言うことで。
そんなこと続けているとまともに新規で買うのがバカらしくなるけどね。

そんなわけでこの週末は端末を弄り倒してます。
OPは来週早々に解約するつもりなので、せめてこの土日はauのサービスを
たっぷりと使ってみようかと。
まあ、ビデオパスでちょっと動画を見るくらいですけどね。

この契約の最終目的はウエルカム割適用で月3円運用なので、
OPを解約するまでは気が抜けません。

2013年5月16日 (木)

L-02CでモバイルWi-Fiルーター

L02c
友人よりドコモのL-02Cを頂きました。
スマホを買ったときにCBを受けるために抱き合わせ契約した奴とか。
「塩漬け回線なので本体使ってないよ」と言うことで譲ってもらいました。

早速IIJmioのSIMを挿して使ってみて、とりあえず使えることは確認。
これだけだとPCにしか繋がらないので、
Planexの無線LANルーターMZK-MR150を買ってきて
無線LAN化してみました。

MZK-MR150は通常の無線LANルーターなのですが、
WAN側回線として携帯電話会社のデータ通信端末を使うことも出来るルーターなのです。
繋いで見た図が最初に乗せた写真。

MZK-MR150は電源にACアダプタが必要なのですが、
入力の規格は5V1Aでコネクタ形状がminiUSBだったりします。
なので、保証外だけど電源供給にスマホ用のモバイルブースターが使えたり。
試しに以前ドコモのスマホを買ったときにもらったドコモの
ポケットチャージャー01を電源に挿してみるとあっさり動いてしまいました。
(コネクタ形状が違うのでケーブルは別途用意する必要がありますが)

と言うことでデータ通信端末を使ってモバイルWi-Fiルーターの出来上がり。
ポケットWi-Fiなんかと比べると超野暮ったいですが、
今回買ってきたのはMZK-MR150だけ。
ヨドバシ価格で1860円と言う安上がりルーターなのが今回のポイントです。

まあ、ドコモしか電波の届かない場所に行くときくらいしか出番はないですが、
それはそれで便利な一品なのです。

«5月

無料ブログはココログ